猿島要塞

東京湾に浮かぶ無人島。1884年に東京湾の首都防衛拠点として、当時の陸軍によって要塞が建設された。砲台も備えていたが、実戦に用いられることはなかった。今は観光地となり「天空の城ラピュタ」を彷彿させるとして人気を集めている。
ちなみに、猿はいない。昔、日蓮上人が嵐に遇い方角を見失った際に、一匹の白猿が島へ導き、難を逃れたことからこの名がついた。
綾波レンガ「今日はいい天気ね」
両サイドのレンガにうっすらと映える苔。淡いモスグリーンに、太陽が今日は何を描こうかと考えている。
太陽は芸術家なのだ。肉眼では得られない気付きを、写真は与えてくれる。

用途不明たが。心のままにシャッターを切る。
ここは無人島、海を見に行こう。



お台場跡。横須賀の海が一望だ。家族やカップルで訪れるのもいい。
円形の砲座が随所に見られる。この上に高射砲が設置されていたんだ。
メジロが声高らかに囀ずる。戦争遺構は今は廃墟となり構造美を放っている。
この階段を降りると、海岸に出られるぞ。
ん!?なんかある…
目を凝らすと、確かに見える。



エレキギターじゃないか。なぜこんなところに…。
静かに、海を見つめたい。彼は言った。
クラシックじゃないか。
展望台だ。
実はここ「仮面ライダーのロケ地」で「ショッカーの秘密基地の入り口」の設定の場所らしい。
猿島はどんな歴史を歩んできたのだろう。古代の土器や人骨も発見されている。日蓮は本当にこの洞窟を訪れたのだろうか。不思議いっぱいの猿島、一度は訪れたい場所だ。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000