田村鉄工所

通称タムテツ。現在残る建物は1940年頃に建設され、2001年頃に閉鎖された。二階建ての洋館風の事務所跡が蔦の這った状態で残っている。
この時点で感動はK点越え。遠い地にあり、有名であり、この堂々たる佇まい。
行ってみて
初めて確認できる感動
思わず息を飲んだ。
残留物が語る語る。缶の錆び具合も長い時間を感じさせる。

さぁ
本館へ
なんという廊下!梅雨の太陽に照らされ、窓辺では新しい生命が巡る。
足元には当時の標語「今日も安全 無事故で働こう」
よくぞ今日まで残っていてくれた。拝みたい気持ちになる。

職場に残る当時の雰囲気。
応接間。
壁には社員のネームプレート。もう使われることはない。
多くの賞状が飾られた小部屋。この椅子といい、建物といいお洒落。オーナーの拘りが感じられる。
物語は次の階へ。
階段の軋み具合
キュッと心憎い音を立てる
二階は、集会場のような広間だった。
随所にモダンな感じが見て取れる。
小部屋には古い印刷機。仕入れ帳もとにかくお洒落。
設計図だろうか。丸めて保存されている。
この廃墟、見所が尽きない廃墟に流れる時間が内部に取り残されている。その時間が静かに語りかけてくる。当時の記憶をそっと見せてくれるのだ。


Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000