レキオリゾートホテル

1990年代後半に廃業したリゾートホテル。遠くからでも山の上にはっきりと見え、存在感たっぷり。そして近づいてみると思わず絶句、世紀末の様相だ。
16世紀頃、大航海時代で沖縄(琉球)にやって来たヨーロッパ人は、この地をレキオと呼んだ。

一歩入ると、そこは廃墟のお手本みたいな場所。
階段を登ると、そこはコンクリだけが残り、風が吹き抜けていた。
外側をぐるりと回る。つまずいて落ちないように注意だ。
尖ったお風呂。見晴らしは良さげ。
実はある生き物に、幾度となく驚かされていた。

その
正体は…
鳩だ。バサバサと突っ込んでくる。仲間に報告しに行ったぞ…屋根の上ではグループ会議が開かれていた。
鳩は部屋の中から急に飛び出してくるので、外に弾かれないように注意、注意。
非常階段。白地にグラフィティーが映える。
でも、絵のレベルはおしなべて低め…
ご…ごめんなさい!檻には閉じ込めないで。
さぁ、お約束のエレベーター覗き込み写真を撮って、屋上へ。
じゃん。中は機械室だった。勾配ある屋根に囲まれる珍しい構造だ。

レキオリゾートは
まだ、終わらない
隣接する建物。基本真っ暗ではあるが、太陽の光がそっと差し込む。ちなみに、地面に見える穴はなかなかに深い。

登ろう。
さらに、もう一つ梯子を登った。
まだ上あるんかい。でも、きっと屋上。
この梯子、途中欠損している…。



ついに屋上に到達!横から見ても迫力あるレキオリゾート。多少の苦労の上、ここに立っている。なかなか満足だ。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000