中城高原ホテル(後編)

中城高原ホテルは迷宮のように入り組んでいる。別館へ行ってみよう。
外の小道に架かる橋、それを越えてゆく。
廃墟探索では足元に常に注意だ。
屈んだスペース…見たな~!!
この階段は、これでもちゃんと機能している。
階段を降りると、上質なグラフィティーに遭遇だ。サメが今にも迫ってきそう‼
溜まり場にもなりやすかった。中城高原ホテルは地元では「チャイナタウン」と呼ばれている。
イイことも、ソウデナイことも、40年間蓄積されてきた。
今度は、上へ行こう。
見晴らしの良い高台に立つ。一番奥の展望台が、徐々に近づいて来た。


これは中城で有名なグラフィティーだ。
素晴らしいの一言‼
「CCTV」は中国の国営テレビ局。閉ざされた報道を揶揄してるのかな…
自由を~!!
あぶない!狙われてるよ‼
探索時間は大台に乗りつつある。この廃墟全体に流れる世界観にすっかり魅了されてしまった。


展望台の入り口には鳥居。場所が城(グスク)に近いので信仰的な面から建設反対の声もあったという。展望台は無機質なコンクリート剥き出しであった。



ついに登頂!遠くにゴルフのグリーンのような場所が見える。そこがホテルの入り口だ。そこからず~っと登ってきた。今日は特別な日。古き良き映画を一本見終わった気分だ。
途中見つけた、中城高原ホテルの辞世の句。

「時はうつろい
     令和になりて
       変わる沖縄 変わる …  」

廃墟との出会いは一期一会。
まさに、この世に一度現れる幻想に過ぎないのだ。
引用元:Drone Japan
https://www.youtube.com/channel/UCSCsHXyuejvZa3MuBfpM8GA

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000