金華山観光ホテル

1970年頃まで営業していた。会議室や大広間を備え、客室は18部屋で70名まで収容可能。地下一階、地上二階の美しい建物が、牧歌的風景の中に残されている。
建物が近づいてくる高揚感は格別。
華山島は鹿の生息地として知られている。観光客は山の神社へ向かい、自分は海岸沿いを進む。子鹿が「こっち来るの」って不思議そうに首を傾げてるぞ。
※ちなみに、島の人口は5名で、全員が金華山神社の神職だという。
東日本大震災での津波の跡だ。鹿のフンに混じり、ガラスが無数に散らばる。
裏手が正面。
一歩入ると、特徴的なチューリップ型の照明がお出迎え。
アーチ状の会議室。窓の外は絵に描いたような風景。水彩画の中に舞い降りたみたい。
客室はご覧の有り様。一階は津波で完全に水没したのだろう。
古めかしい機械。geostationary type signal 詳細は分からないが、1956年製の電話交換器だという。
離れの大浴場。壊れ具合、やはり波の力なんだ。
二階へ
上がる
宴会場。お酒の瓶がテーブルにどん。
一本の木は、忘れられた場所を象徴するかのよう。

お客さんは二階までだが
三階に続く階段を発見
入ると、ムチャクチャ暑い部屋。熱がこもってサウナみたいだ。一筋の光が差し込む。

向かうと
そこは…
なんと風流な…、てか暑い。この部屋ほんと暑いぞ。奥へ行こう。
ドキドキ…
いい眺めだ。ひっくり返ってる屋根は、今自分が立っている場所から、バキッて折れたものだ。

カモメ達に見送られながら金華山島を去る。遠方にありフェリーの数も極めて少ない。思い切った訪問だったが、大正解だった。
好天にも恵まれ、島の風景が照り輝いていた。その先、グリーン絨毯の丘に立つホテルを間近で見た時の感動は一生忘れない。



Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000