日本特殊鋼鉄管大湊工場(前編)

1938年に建設された、砂鉄から特殊鋼を生産する精錬所。日中戦争の金属需要に応える予定が、資材不足などで生産には難儀したという。1943年には海軍に供出し、武器庫、機関砲台、科学工場などに利用された。煙突は遠くからでも目立つが、敷地全体に激しく草木が繁茂しており、接近は困難を極めた。
半壊した巨大なコンクリート施設が、やっと姿を現す。ここに到達するまでの苦労は筆舌に尽くしがたい。


凄い‼予想の斜め上を行く光景に、汗が吹き飛んだ。
屋根のコンクリが、落っこちそうではないか。
キク科のオオハンゴウソウが咲き乱れる。夏の探索は過酷だが、自然のサービスも待っているのだ。
登ってみよう。
あのタイヤを踏み台に…
さらに進めそうだ。



見晴らし良好。奥へ進んでみよう。
後述するが、ある生き物が多く生息している。さらに、上へ続く階段も見える。
降りてみた。
世紀末的な階段が二つ。この物件は事前情報が少なかった。想定外の連続に、何度も唸りっぱなしだ。
内部には精製用の三角コンクリが多数並ぶ。ここは地元で「こうもり屋敷」と呼ばれているらしい。生き物の正体は巨大なコウモリ、バッサバッサ飛び交っていた。 
先ほどの場所。脆弱な階段を登り、さらに上を目指す。
巨大な空間が待ってるに違いない。
続く

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000