潮吹グランドホテル

1970年頃に開業。古民家が建ち並ぶ、急斜面のてっぺんにそびえ立っている。2005年には廃墟となっており、客室約60室、大宴会場、大浴場、ラドン発生装置等を備えていた。
先の写真は裏側で、ぐるりと回り込み、こちら正面通路。
潮吹グランドホテルがあらわれた。1984年に一番上の突き出した7階部分が増築された。斜面に建てられたため、正面玄関は2階、地下が1階となる。
一歩入ると、The廃墟って感じ。
コーヒー好き好き。
こんなん飲めるかい。
大広間。このホテルは全体的に、天井ボードが取り外されている。
地下(1階)の大浴場。奥でハクビシンが事切れていた。
ここから一気に最上階を目指す。

途中、階段である生き物に阻まれて
断念かと思ったが
ここはホテル。外の非常階段を使う。生き物に関しては再び阻まれるので後述する。
屋上には行けなかったので、階段からの眺め
を撮影。三陸海岸はリアス式。津波の被害は甚大であったが、普段は見事な景勝地なのだ。
さぁ最上階(7階)
風が横に吹き抜ける。なんて心地良いんだ。

眺めもgood「ひょっこりひょうたんじま」のモデルとなった島も、この近辺にあると聞く。
王者の椅子。ふと思ったが、台風の時などはここは地獄絵図になるのでは…。
大宴会場の裏側。階段から屋上に行けるはずだが、やはり止めておいた。

苦手な人は
次の写真は
飛ばして下さい
コウモリが多すぎる。他にもわんさかいた。フンも堆積し、彼らは元気よく飛び回る。経験上、大人しいバージョンと、元気よいバージョンでコウモリは二極化している。
戻ろう。天井には大きな蜂の巣。留守を確認済みだが、こちらも油断ならない。

帰り際
熊さんに出会った
SAM「大丈夫ですか」
熊「大丈夫だ。一つ…お願いが…ある」
SAM「はい」
熊「ホテルの観光バスが、川のほとりに放置されているんだ。見てきてくれないか」
SAM「はい」




探したが見つけられなかった。もしかしたら津波の際に、流されたのかも知れない。高層階に流れる潮風が実に印象的なホテルだった。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000