釜石鉱山

明治から国内産業を支えてきた日本屈指の鉱山。1993年に大規模な鉄鉱石の採掘は終わり、長い歴史に幕を閉じた。2007年に近代化産業遺産に認定されている。
釜石鉱山は、廃墟という観点では有名ではない。工場などの施設が、全て解体されてしまったからだ。
ここには巨大な工場があった。赤い屋根が特徴的で、夜は作業の灯りで幻想的な景観を作っていた。土台のコンクリートが神殿のようにそびえ立っている。
当時のものだろうか。広い敷地に建物が幾つか残る。観光地でもあり資料館(入場料は300円)もやっていた。手前はシックナー(埋め立てられて野原)だ。
こちらも、昔は巨大な工場施設(銅選鉱場跡)。近くには広い空き地もあり、大きくて立派な学校があった。今は何も残っていないが、資料館では運動会や授業風景などの映像も見られる。
銅選鉱場跡は自然に阻まれているため、神社を経由する。ここの神様は昔から釜石鉱山を見守ってきたに違いない。
近づいてきた。
てっぺんに近い場所に到達。久しぶりの人間に、驚いたハトが数羽飛び出してきた。
見下ろす。あの白い建物が資料館だ。
こうなったら、てっぺん目指そう。
到達。
砂利道が続いており、最初に登った鉄選鉱場の土台まで来た。

さらに
進むと
採鉱課事務所の跡地だ。
直進した先のトンネル。一つ前の写真、左手に曲がる線路を進むと…
怪しい洞窟。この白いモヤはひんやりしていた。冷房がガンガンに効いたお店の入り口のよう。今回は踵を返す。
※資料館にあった地図。青いルートを通ってきた。昔の釜石鉱山がいかに栄えていたかが分かる地図だ。
資料館で見た当時の映像はリアルだった。町内のお祭りでは神輿が練り歩いていた。学校の運動会では沢山の父兄が応援に来ていた。活気に満ちていた。
当時の市井に思いを馳せる。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000