全和鳳美術館

通称「Z美術館」 全和鳳(チョン・ファフォン)という美術家の作品を展示していた。住宅地の中にありながら、全体が蔦に覆われインパクト抜群。朽ち果て具合が凄まじく、屋根に崩落物が落下する等で、近隣住民は迷惑している。
ん!?様子がおかしい。
屋上にプレハブ小屋があったはずだが、見当たらない。

プレハブ小屋が
あったときの写真
私の大好きなサイトの一つ『古都コトきょーと』さんから画像をお借りしました。
https://syasin.biz/   ←こちら

ついに、解体が始まったのだ。
自らを封じ込めるようにガッチリと閉ざされていた入り口が…開いている‼
秘密のベールに包まれていたZ美術館。横壁がラスボスの顔だ。



一階をすっ飛ばし、二階へ。
足場が組まれている。作業がどれ程進んだのかもワカラナイ。
残留物が見当たらない。足元は至るところに穴。
三階へ行こう。
踊り場が危険だ。
愛知の廃墟「髑髏塔」を思い出す。
三階、最上階だ。
この頭上にプレハブ小屋があったはずだ。謎は深まるばかり。
三階からの眺め。1995年頃から廃墟化し、多少とも奇異な目で見られ続けてきた。どんな物にも記憶と歴史はある。そんな美術館もついに幕を下ろす。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000