K医院

田舎の個人医院。1980年頃から誰も住まなくなった。老朽化が進み、いつか雪で倒壊するのではと近所の方は心配している。
受付の小窓は、もはや個人病院の風物詩。




なかなか保存が良い。はだか電球も良い。
たくさんの薬瓶が並ぶ。
もう何だかわからない薬瓶も…。
カーテンがお化けみたい。
昔の個人病院はその場で薬を調合していた。
とにかく全部やるのだ。
風格のある椅子。話が出来たら、いろいろ聞かせてくれそうだ。
待合室から見た処方箋を出す小窓。
奥の診察室へ行ってみよう。



ハイカラな時計。
院長さんの眼鏡だろうか。
この病院に○○科という区分けは無い。
地域の医療を一手に担っていた。
院長先生が地元の名士であったことは、想像に難くない 。当時の三木武夫総理から従六位を与えられた賞状が飾られていた。
名誉な仕事であると共に、責任は重大であったろうと察する。地域の健康を一手に引き受ける重圧。多くの生と死にも向き合って来ただろう。お疲れさまでした。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000