阿蘇観光ホテル

1939年に政府の資金融資を受け、国策として開業。戦後は米駐留軍の保養施設の時期もあった。1957年には昭和天皇の宿泊を控え全館大改修が行われ、その後も昭和天皇は二度にわたり同ホテルを利用されている。
入ってすぐ。窓際に誰か腰掛けている。
それは、カーテンを纏った貴婦人。
ここは通称「アソカン」と呼ばれ、廃墟界隈でも有名だ。2005年には映画「輪廻」のロケも行われた。
厨房は一見、電気が付いているように見える。犯人は天井から射し込む太陽光。
エントランス奥の廊下が眩しい。行ってみよう。
これは本当にラッキーだった。奇跡的な巡り合わせが、この光景を作っている。
窓が割れ、そよ風が吹き込む大浴場。
アソカンは崩壊がかなり進んでいる。
再び、光のページェント。一人ということもあり、何だか気分が舞い上がってしまった。
2階には広いベランダ。
見晴台だろうか。横の四角い穴から、光はあの厨房に届いていた。
客室は風化が進み、無味乾燥。目を引いたのは扉だった。
凄いぶち開け方…見上げた根性だ。何か物品を運び出したのだろうか。

3階…
そして、最上階の4階へ
ユニークな形の大広間。奥には黒板が見える。
まるで宇宙空間。2019年アソカンの旅。
体が宙を浮いてしまいそう…

ふわふわ…
ふわふわふわ…
そのまま、屋上に到着した。
外観も宇宙船みたい。
アソカンに登頂。少しくすんだ朱色、良い色合いだ。
きっとここから阿蘇山は見えているだろうが…どこだか分からん。でも、大満足だ。いっぱしの登山家の心持ちだ。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000