西鉄大橋駅そばの岩屋敷

不思議な廃屋。多くの岩が敷き詰められたような敷地に、コンクリート二階建ての建物が建設途中のまま何十年も放置されている。
住宅地のド真ん中。学生の姿も目立つので、近くには学校もあるようだ。
たまに通る通行人は意に介してないよう。ここでは日常の風景として定着している。
お店のような佇まいではある。
大きな窓。
頑張って二階へ行こう。
とっても落ち着く空間だ。
石が引き立て役に徹する。朱色が映える。
登り切った先には広場があった。
なんとなく、察しが付いて踵を返す。
薄暗くなってきた。てっぺん登って帰ろう。
福岡空港から旅立つ飛行機をそっと眺める。ここは住宅地のど真ん中。
辺り一帯「石」がつく地名が多い。きっと岩屋敷と関係があるのだろう
帰り際、近所の方と立ち話をしていたら、どんどん集まって井戸端会議みたいになり、岩屋敷トークに花が咲いた。
この建物は50年以上前からあったという。この辺りは一面の野原で、岩屋敷は子供たちの遊び場になっていたらしい。
日が沈み夕闇が迫る。今宵も岩屋敷は謎に包まれる。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000