志高ロープウェイ(ラクテンチ)

娯楽施設である別府ラクテンチと志高ユートピアを繋ぐ、壮大なる志高ロープウェイ。
別府ラクテンチ - (リフト) - 立石山駅 - (ロープウェイ) - 船原山駅 - (リフト) -志高ユートピア」
↑今回は下線部に当たるリフト乗り場の探索だ
別府ラクテンチは現役の遊園地で、乗り物の音や、園内放送が響き渡る。その音を遠くで聞きながら東奔西走し、なんとか辿り着いた。
山中にあり、一方的に朽ち果てている。
立派な鳥居。ロープウェイの安全運航を願ったものだろうか。
ゴンドラ乗り場と違い、リフト乗り場は小振り。自然に飲み込まれている。
ガサガサ…


背番号232。
哀愁漂うリフトが姿をあらわした。
志高ユートピア側のリフトの椅子は、白一色なのに対し、ラクテンチ側のリフトの椅子は色とりどりのカラフル仕様☆
ここから山頂までは長旅だ。お客さんはドキドキワクワクしながら、待っていただろう。
赤い線が今回のリフトだ(短い)
黄色い線はゴンドラ(長い長い)
青い線は再びリフト(ちょい長い)

↓船原山駅は探索済みだ
折り返し滑車も緑の中にかくれんぼ。
管理小屋だろうか。
いつの間にか別府ラクテンチの音が止んだ。きっと閉園の時間なのだ。そろそろ帰ろう…。
正式な通路を帰り際に発見。
廃墟あるある…。
かつて、何もなかったこの場所に人々の賑わいが生まれた。そして、人々は去っていった。
無への回帰は進む。
人々の記憶から忘れ去られても、静かに時は流れ続けている。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000