大瀬小学校

定住者のいなくなった大瀬集落の中にある。1936年に現校舎が建てられ、1970年に閉校。日本屈指の美廃校と呼び声は高い。
鬱蒼とした杉林の細道を100mほど歩く。
いくつかの廃屋を見送った後、建物と石碑が見えてきた。
ここは講堂として使われていたようだ。
一旦、外から眺める。
これこれ!ボールをパコーンパコーンって当てたんだろうな。当時の様子がちょっとだけ目に浮かんだ。
校庭から見た校舎の全景。
全体的に歪み、すでに傾き始めているのがわかる。



ずっと訪問したかった憧れの廃校へ。
オルガンの向こうから視線を感じる。
それはスライド映写機。人が居なくなって半世紀、一つ一つが廃墟として完熟の域だ。
音楽室。
沈黙して長い時を過ごしている。
どんな物にも記憶と歴史がある。今は必要とされていなくても、必要とされていた時は存在した。そうでしょう?
大瀬小学校で
最も有名な
あの部屋へ
本来ならば幾何学的に左右対称であるべき建築。あってはならない有事を前にして、美しいと感じる自分がいる。不思議だ。
今、この場所に来られて本当に嬉しい。
でも、もうきっと長くは持たない。
山奥にあり、誰に荒らされるというわけでもなく、ただただ自然に崩壊してゆく。
ここには廃墟の神様がいる。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000