常磐炭鉱中郷鉱山(前編)

道沿いにドンと現れる巨大炭鉱遺構。1896年に開発が始まり、戦後は総工費20億円をかけて最新鋭の設備を備えたが、1971年に大規模な出水が発生。全坑が水没しそのまま閉山となった。
それにしても存在感ある橋梁跡。一枚目、斜面奥に見える巨大なホッパー跡に向かおう。



夏ならきっと入れなかった。時期外れの藪漕ぎで何とか滑り込むと…



おおお…
植物が栽培されておるぞ!
心優しきホッパー達。定期的に滴る雨水で、緑はぐんぐん育つ。夏が待ち遠しい。
上方も色々ありそうだ。ここは想像の遥か上を行く場所だった。
あるぞあるぞ、当時の備品たち。
沈黙して長い時を過ごす。
足元には常に注意だ。地下空間も存在する。
奥にも大きな遺構が見える。
ここから飛べば行けるが、下方にあるため戻れる確証がない。先へ行こう。
中層階へ。「電灯コンセット」
こんな場所で文字に会えると嬉しくなる。
でっかい岩石。奥では木材が深い眠りについている。
高所からの眺め。
碍子もあり、太い電線が続く。
さっき見上げた、上方へ行こう。
久々のキャットウォーク。
梯子は石さん達が使っている。
下はホッパーなので、形状は円錐だ。
最初に見た橋梁跡。今日はイイ意味で大変な探索になった。ひと休みしてさらに進んでいこう。

後編へ続く

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000