競智小学校

1958年に建てられた校舎。1971年に閉校。
木造平屋建て校舎で、山深い場所にある。
入り口もオープン。だいぶ朽ちている。
頭上、かろうじて「肥料倉庫」との文字。
一時は肥料倉庫としても使われていた名残だ
画面右下。オルガンが倒れている。
学校の面影はほとんど無い。
柱も曲がり、無への回帰は始まっている。
チラッ…
五右衛門風呂だ。
学校の裏側は、竹藪と化していた。
高台からの眺め。屋根は瓦からスレートに葺き替えられている。そうでなければ、自重で崩壊していたかも知れない。
教職員の宿舎だろう。
奥に何かあるぞ!



間違いなく、この競智小学校の大親分だ。
貫禄あるなぁ。おうっ!また来いよって言われてるみたいだ。
運動場をはさんで向かい側には、新しめの集会所。石碑も見える。
誰がつけたか、競智とはいい名前。明治に創立した学校は二文字の造語を当てることが一般的だった。
当時の様子を伺い知ることは出来ないが、自然豊かなこの場所で、子どもたちは元気いっぱい青春時代を過ごしたのだろう。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000