廃旅館新川

池の畔に佇む二階建ての小規模施設。1970年代後半に建築されたらしい。2002年には廃墟としての言及が見られる。
眼前の大百池(おおどいけ)は、500年近くの歴史を持つため池である。公園もあり、小さな子どもを連れたお母さん達の憩いの場となっている。
それにしても、インパクトのあるお顔だ。
池をぽーっと見つめている。
NHKのどーもくんに似ている。
お目めは四つ。右手をひょいと挙げているようにも見える。腰簑着ければフラダンス…。
螺旋の外階段が途中から欠けている
裏手へ回る。この石階段は、今でも現役利用されているらしい。


屋上ではリクライニングチェアが、大百池をゆったり見つめていた。
下へ行けそうだ。看板を掲げていただろう骨組みも見える。
二階は、全体的に煤っぽい。
この建物は一度、放火に遭っている。
なんとも絶望的なトイレ。
印象的な四つのアール窓。
窓からの眺め。
そろそろ日暮れである。
ここは実際のところ、旅館だったのかもわからない。喫茶店?割烹?謎多き場所なのだ。
大百池を囲む遊歩道に、今も佇んでいる。
その場に溶け込めてない感は否めないが…彼はきっといい奴だ。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000