日本BE研究所(桑原研修所)

1971年設立。行徳哲男なる人物が開発した「人間開発・感性のダイナミズムを取り戻す4泊5日間の山中訓練」を行う研修施設だった。著名人も幅広く参加し、1999年に閉鎖されるまで、550回、延べ1800人以上がこの訓練に参加したという。
ちなみに「BE」とはBasic Encounter(集団心理療法/マインドコントロール)
荒廃が進み、生い立ちや不衛生っぷりから探索者の中で評判はすこぶる悪い。
期待されてないというのは、実はすごいアドバンテージなのだ。加点していくしかない。入り口にグラフィティー、一気にテンションは上がる。
「ほんとにあった!呪いのビデオ」で紹介され、けっこう有名な場所でもある。
規則正しく整列した椅子。企業研修や自己啓発セミナーなども頻繁に行われていた。
こじんまりとした浴場もある。
一階の中央には鉄製の扉で閉鎖可能で、光の全く入らない修行部屋があると聞く。廃墟後は落書きも凄まじくカオスと聞くが…。

それでは
行ってみよう

光、入ってます。
天井が崩壊し、懐中電灯もいらない。
なんだか拍子抜けだった。
螺旋階段から二階へ。
この絵のタッチはよく見かける。
また会えたぞって感じだ。
壁の黒い斑点はなんだろう。閉鎖されて20年にしては風化が激しい。霧に包まれ易い山中にあるためか。
屋上へ。心霊スポットとも言われるけど、今回も何もいなかった…。

視線を
感じる…
屋根の上からじっとこちらを伺っている…。



それは可愛い猫ちゃんだった。
縄張りを荒らしてごめんね。
ここは荒れるに任せている。必要とする人も皆無かも知れない。そんな場所でも、あの猫にとっては大事な雨よけとなっている。少しほっこりした気持ちで後にする。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000