豊根発電所(前編)

1918年、久根鉱山での電力を賄うために設置された水力発電所。1972年、新豊根ダム建設に伴い廃止となった。水辺に見える白い建物が旧豊根発電所だ。そこから山頂に向かい長い長いパイプが通っていたという。

山の中腹にパイプを通す穴のあるコンクリートが見えるだろうか。
今、そこに立っている。かなりの急勾配で油断すると「おむすびころりん」のように転がりそうだ。
桜の季節。
花見をする余裕もなく、急勾配を下る。
点在する土台をストッパーに下ってゆく。想定外の運動量に汗が止まらない。
ようやく、旧豊根発電所が見えてきた。



こじんまりとした敷地に建屋が数棟。
少し休憩だ。湖に浮かぶ船は現役だろうか。
頭上にパイプを通した穴が見える。
この屋内に連結していたと思われる。
なんて清々しい空間だろう。
汗がひいてゆく。
地下を発見‼
地下への
冒険が
始まった

階段を下り
左手の扉を開けると
巨大な地下空間だった。
更に地下空間が存在するようだ。
小部屋が点在。最初に覗いた場所を見上げる。別の小部屋では、一匹のハクビシンが驚いてこちらを見ていた。


地下二階へ
実はこの場所にはかなりの数の○○○○が、密集していた。

地下三階へ
パイプ穴の最終地点を確認し、地上界に戻った。汗がひんやりする。豊根発電所の壮大な冒険は始まったばかりだ。
○○○○=蝙蝠

続く

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000