ホテル飯盛山荘

車ギリギリ一台分の細い山道をずっとずっと登ってきた。本当にこの先にあるのか…行き止まりか…と思った矢先に突如現れた。
1970年頃から2010年頃まで営業。スーパートンでもない山中にありながら「薬草かまぶろ温泉」の珍しさもあって1990年頃には毎月1000人以上の宿泊客が訪れたという。
正面の館内はすっかり廃の色。
解体が一度入ったのだろうか。ドアがパタンパタンとぶっ倒れている。
ミッフィーちゃん「ここは屋上からの眺めが綺麗なんだよ」


外付け階段から
行ってみよう
納得だ。相当な山の上に建てられただけあって、夜景はそれはそれは素晴らしかったという。
ホテル飯盛山荘の醍醐味はここから。
あの展望台を備えた離れが激アツなのだ。



名物「薬草かまぶろ温泉」
中は閉塞感があって、今は入りたくな~い。
窯ぶろは結構たくさんあった。
窯ぶろのおしり。
ここから薪をくべたのだろう。
飯盛山ミニヨン「宴会場に行ってみて♪」



おおおお…‼
一瞬息が止まった。
このソファー、完熟の域だ。
廃墟美はいつも、思いもかけないタイミングで目の前にあらわれる。
花束はいつ置かれたのかな。
鍵盤は今も何かを奏で続けている。
はるばる来た甲斐があった…と思ったのも束の間。夜の足音が近づいてきた。


急げ急げ…
展望台への通路が見つけられなかった…。

いつか再訪したら、展望台に登ってみたい。
その時は屋上からの夜景も眺めてみたい。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000