アクア子与島

南国風のオレンジ屋根が印象的な三階建て、28室全室オーシャンビューの豪華リゾートホテル。1988年に瀬戸大橋の開通に合わせて建設された。
島全体をベネチア風リゾートアイランドとして開発する計画だったらしいが、オープン後間もなく破綻して閉鎖された。
パシャ~ン‼
突然の水音
驚いて目を向けると、大きな水鳥が水浴びを始めた。でっかいオタマジャクシに、蛇も這う。ここは無人島、生き物たちの楽園。
何だか静かだ。
それはこれから待ち受ける感動の前触れ。
来た甲斐があった。
この感動の積み重ねが原動力となる。
すっかりリゾート気分だ。
廃の世界であることを忘れそうになる。
各階の両端はロイヤルルームとなっており、景色も抜群だった。
部屋のお風呂も…抜…群だ。
所々廃の手は進むが、全体的には綺麗である。
ホテルの裏側に見える大きな池は、採掘場跡。この子与島はかつて石材業で栄え、集落もあったという。
※実は島には一世帯のみ、ご夫婦で暮らしている方がいるそうだ。「ポツンと一軒家」で放送されていた。

そして
屋上へ
遠く見えるは瀬戸大橋。
ほんのり潮風も香る。

そろそろ帰る時間だ。定期便のない子与島、個人的にチャーターした船が迎えに来てくれる。
帰り際。
名刺に見覚えのある廃墟の名が…。
おおお~!!船上からエース級廃墟ラ・レインボーが見えた!!きっと来る時もこっちを見ていたんだね。

廃墟は人の目には映らない。長い長い眠りの時間を過ごしている。かつての栄華に思いを馳せ、その残照を認める者の前だけに、そっと姿を見せてくれる。
引用元:Drone Japan
https://www.youtube.com/channel/UCSCsHXyuejvZa3MuBfpM8GA

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000