松尾鉱山(緑ケ丘アパート)

標高1000mの地に建設されたコンクリートアパート群。学校、病院、娯楽会館などを完備し、「雲上の楽園」とも呼ばれた。
鉱山の採掘は1911年に始まり、最盛期の1960年頃には鉱山町の人口は1万3594人に達したという。その後、世の潮流により需要が激減。1969年に会社が倒産し、全従業員は解雇され人々は去っていった。


ここの醍醐味は屋上にある。
遺跡のように荘厳な姿が広がり、やはりここは日本の廃墟の代表格だなとしみじみ思う。

遠くにポツンと見えるのは至誠寮。
上半分は至誠寮から撮った写真だ。アパートが11棟確認できる。それぞれに「い棟、ろ棟、は棟、に棟…」と名前が付けられており、それは各棟の中にも大きな黒文字で記されていた。
アパートの内部を
歩いてみよう
人がなくなって半世紀、風化は激しい。
子どもイスには昭和のヒーロー。
新聞は昭和44年10月8日付。
そして、回収を待ち続ける牛乳瓶たち。
生活は裕福だったと聞く。極寒の地にありながら、セントラルヒーティングも導入され、当時の東京や大阪よりも最新鋭の設備を調えていた。
こちら水洗トイレ。見た目はそう見えないが、確かに水洗トイレなの。便器たちは自由を謳歌している。 

別の棟から
再び屋上へ
やっぱり屋上が最高だ!!あの亀の甲羅のような建物は、ここで有名な中央廊下だ。
とっておきの青空。夏は草木が密生し、冬は一面の雪に覆われるだろう。その間隙を狙ってやってきた。



共同浴場だ。賑やかな声が響き渡ったのだろう。大家族のような付き合いもあったに違いない。
中央廊下にやって来た。
このアパート群の大動脈と言えよう。
当時の人々の往来に思いを馳せる。
この時間こそが廃墟探索の大きな醍醐味。
ここは「ほ」棟だな。
構造が似ているため迷いそうになる。
だ…
誰かいる…!!
軽装の欧米人と会った。日本在住の方で、もう20回近くここに来ているそうだ。
リピーターファンも多い場所、松尾鉱山。
一旦開けた場所に出た。
あの大きな大煙突に行ってみよう。
建物同士は渡り廊下で繋がるor繋がっていた形跡。そうしないと、積雪で移動出来なくなるほど冬は雪が多いのだ。
ここは焼却施設だろうか。
廃墟美とは不思議な造語だ。
朽ち果てるものに、心に迫る何かがある。
この大煙突は100歳を超えているのかな。
もし話すことが出来たら、色んな話をいっぱいいっぱい聞かせてくれそうだ。

松尾鉱山は孤島のような立地で、軍艦島と比較されることも多い。向こうは、世界遺産となった。名声に差はあれど、松尾鉱山は押しも押されぬ日本を代表する産業遺産である。
引用元:Drone Japan
https://www.youtube.com/channel/UCSCsHXyuejvZa3MuBfpM8GA

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000