尾去沢鉱山(後編)

日本の主力銅山の一つであった尾去沢鉱山。
軍旗のようにそびえ立つ大煙突を目指す。
巨大シックナーの側に立つ煙突は影武者。
本丸はさらに奥の高い場所に鎮座している。
ホルンのような鉄塊が号令をかける。
未知の冒険の始まりだ。




足元には細心の注意。
スケールの大きさが伺えるだろう。
煙突から続くトンネルは、巨大な竜のように体躯をうねらせる。
山肌に建物を見つけた。
用途はわからない。もうずっと使われていないことは確かだ。

山肌の
急斜面を
ゆく
スキー場ならば上級者用の急角度。
万が一の場合は滑り落ちるではなく、転げ落ちるだろう。


竜の横っ腹に入り口が…
不思議な空間だ。
光に誘われるように、物語は最終章へ。
塞がれた跡。
ここにも尾去沢の歴史が詰まっている。


やっと会えた。そんな気分だ。
今まで沢山の大煙突を見上げてきた。
ここもまた、忘れられない記憶となる。
冬になると一帯は白い雪に包まれるという。
この大煙突はこれまでも、そしてこれからも尾去沢の歴史を見守り続ける。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000