大井川本線廃引込線

草むらに埋もれるように大井川本線引込線と廃SLがある。元々は砂利採取線の跡で、廃車となった車両や貨車が放置されている。
まず目を引くSL。生気を感じさせず表情も無いのは、ナンバープレートが無いからだろうか。
動輪と連結棒。緑に赤錆が映える。
SLの代名詞とも言える煙突。
後ろのコブには滑り止めの砂が入ってるそうだ。

煙突の中を
覗いてみよう
そして、SLのお尻側には驚きの表情が待っていた。



なんとインパクトのあるお顔!

お口の中を
覗いてみよう
石炭もっと食べさせてー。
そんな声も聞こえてきそうだ。
石炭は空っぽ。これじゃあ、食べさせてアゲラレナイ。
当時は大迫力で爆走したんだろうなぁ。
部品取りのために残されていると聞くが、実際に使われることはあるのたろうか。
客車だ。
鉄道ファンも度々訪れるという。
砂利などを運ぶ貨物部分。
実はこの時、大量の敵と戦っていた。
薮蚊が大量発生…。
白旗、退散~‼
SLの汽笛の音が好き。魂を揺さぶるような迫力がある。走っているSLもカッコいいけど、役目を終えた廃SLも負けないくらいカッコいい。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000