H工業

この唯一無二の面構え。
こいつに会いにやって来た!
車道から少し入った廃工場。
1970年代から存在が確認されており、2010年頃には使われなくなったようだ。
川を挟んだ向こう側に新しい工場がある。
あちらは現役、こっちは廃墟。
雨が降ると浸水し、靴は泥だらけになる。
天候に大きく左右される廃墟。

見上げると中途半端なドア。
もともとは通路があったのだろう。
なんだか幻想的だ。
雪が舞い降りてるみたい。



再びご対面。
手前にある相棒とのコンビが絶妙なのだ。
荷車「あ、どうも(照)」
よく見ると、食パンのような形をしている。
熟練のいい色合いだ。
上へ登る階段もある。
もう動くことのないベルトコンベアー。
夕日に照らされ、哀愁色だ。
どんな物にだって、必要とされていた時はある。
こいつはイケメンモデルとしての再スタートを切った。来訪者の足跡はやがて道を作る。第二の人生は始まったばかりだ。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000