K山荘

1962~67年に開業した宿泊施設。複数の建物から構成される山中の宿で、研修所やプールも備えていた。1987年11月頃に閉業。
何たる山奥!軽く登山となった。
物資を運ぶためのケーブルが敷かれている。
倒木や草木の繁茂による悪路を踏破し、ケーブルの到着地点にやっとこさ辿り着いた。
正面玄関がのっぺらぼう。
名を名乗らないK山荘。
左手の部屋…。
この部屋に来たかったんだ。
天井のベニア板が無秩序に垂れ下がり、大きめの裸電球が惑星のように浮かんでいる。
この惑星たちは最初からこの位置だったのだろうか。雨の後は水溜まりが出来て、リフレクションが望めるらしい。
全体的に薄暗い中、スポットライトのように角のソファーにだけ日が当たる。

別の建物には
浴場があった
椅子がピンクな女風呂。
男風呂はやっぱりブルーだ。
廃墟と無言のキャッチボールは続く。
これぞ
The・廃墟のプール!
強烈でマットな自然色を放っている。
見上げればバスケット。
朽ちたコテージが連なる。
人里離れた竹藪の中にあり、防音など気にする必要はない。多くの語りが紡がれたに違いない。ほんのりと顔を赤らめながら。
竹は人を神聖な気持ちにさせる。
すべては昔々の物語。
廃墟探訪は諸行無常を肌で感じる旅なのだ。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000