【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

利賀小学校

南砺市利賀村(なんとしとがむら)は、世界遺産「白川郷・五箇山の合掌造り」で有名な地域だ。この辺りには、このようにモノリス型のユニークな分校が複数残っている。

一つ目は利賀小学校百瀬川分校。体育館の緑屋根が印象的。1989年に休校となり、1996年に閉校となった。

ずぅぅぅ~ん。

裏手に回る。うっすらと見える赤錆びが、白い雪と対照的だ。

大きな大きな窓から広がる校庭。ここから、100m程先に百瀬川分校の木造の旧校舎が残る。今は酒屋の倉庫として利用されている。

ポツンと残された椅子。誰か登ったのかな。

はーい。

何かある。

それは深い眠りにつくピアノ。また、弾いてもらえるといいね♪

水場から活気のある声が消えて、もう30年にもなる。

残る当時の面影。

紙は変色しているが、眩しい思い出なのだ。

廃校で当時の足跡を探すのは、宝探しに近い感覚。残留物が少ないなら尚更。

二つ目は、利賀小学校高沼分校。1978年に休校となり、1996年に閉校となった。右手には戦争の慰霊碑が残る。

裏側はやはり赤錆び。

廃校後は集会所として利用された時期もあったようだが、過疎が進み廃墟然としている。

ここでも、かろうじて当時の面影に会うことができた。

三つ目は、利賀小学校北豆谷分校。近未来的、見た目のインパクトが凄い。大きな球状のものが2つ、壁に埋め込まれている。

裏側の赤錆びも今日一番だ。

側面にも出入口。

球状の正体は窓ではなかった。採光用だろうか。

こじんまりとした教室だ。きっと壁には黒板があったのだろう。

冠雪をしたモノリス型の校舎も見てみたいと思ったが、ここは豪雪地帯で訪問は難しいだろう。雪国には独特の情緒がある。同じ雪国で育った身として、今日は何だか懐かしい気持ちになった。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる