【お知らせ】変わる廃墟展2022福岡開催 決定!! 詳細はこちら!

変わる廃墟展2021

変わる廃墟展2021が終了致しました。去年はコロナという状況下、なかなか足を運ぶのが難しかったものの、今回は少し復調の兆しが見えました。同様に世の中も徐々に落ち着くことを願っています。お越し下さった方々、ありがとうございました。

変わる廃墟展2021(東京&名古屋会場)において、Departureが展示しました中から、20枚をご紹介致します。

f:id:departure-ruins:20210313010042j:plain
FUTUROと呼ばれる近未来的な住居です。初めての出会いは台湾のワンリ湾でした。日本で見つけた時はかなり嬉しかったです。丸みを帯びたフォルムが可愛らしいです。

f:id:departure-ruins:20210313154040j:plain
廃墟も去ることながら、眼下に広がる自然の絶景に圧倒されました。高所にある巨大な大浴場です。粉雪が舞う季節、興奮で体が火照りました。

f:id:departure-ruins:20210313161746j:plain
まるでゲームの世界に舞い込んだかのよう。重厚な歴史ある巨大コンクリート遺構。博物館にいるような気持ちになりました。

f:id:departure-ruins:20210313162825j:plain
自然の生命力は凄い。時に行く手を阻み、時に格好の被写体になってくれます。春夏秋冬で全然様相が異なるのも面白いところです。

f:id:departure-ruins:20210313164552j:plain
あの玉葱のような屋根はオニオンドームと言うそうです。初めて聞いた時から、その名前がすっかり気に入ってしまいました。

f:id:departure-ruins:20210313172810j:plain
山中に置き去りにされた廃ダッジ。実は人気者で毎年たくさんの人が会いに来てくれる。暑い夏や、真冬に来る猛者もいる。みんな、満面の笑みで駆け寄ってくれるのだ。

f:id:departure-ruins:20210406124927j:plain
瀬戸内を一望できた上下移動式の大展望台。見上げた勇姿は圧巻の一言。この長い柱はかなり遠くからも見えるので、近隣を通る度に目が合います。

f:id:departure-ruins:20210406130936j:plain
建設途中で頓挫したホテル。人が使わないならば…とじわじわと植生が進む。水、光、空気さえ揃えば、彼らは住む場所を選ばない。

f:id:departure-ruins:20210406225427j:plain
水没した小学校。かつては元気な声がこだました教室。どこまでも静かで、どこまでも清澄な空気に包まれていました。

f:id:departure-ruins:20210406225907j:plain
非日常の中にありながら、子供たちが作った力作に思わず頬が緩む。 青いトトロだけが、そっぽを向いてるような…。

f:id:departure-ruins:20210406230944j:plain
こちらも小学校。廃墟の顔は天候により大きく変わります。目一杯の陽光を受けて、眩しいほどに教室が輝いていました。

f:id:departure-ruins:20210408124504j:plain
日本広し。小高い丘の上に建つ古城を訪れる人はもういない。

f:id:departure-ruins:20210406232309j:plain
鮮やかな色が少ない廃の世界において、赤と緑が際立っていました。子供たちのウキウキを乗せた遊具たちは、草むらで静かに余生を送っています。

f:id:departure-ruins:20210407133928j:plain
経年により歪む木造校舎。時計の針は止まっていますが、無への回帰は確実に進んでいます。

f:id:departure-ruins:20210407233054j:plain
見晴らしの良い展望室に草が生い茂る。世の中でバンクシーが話題になっていた頃で、奥に見える鳥の墨絵に一瞬ドキッとしてしまいました。

f:id:departure-ruins:20210407234403j:plain
解体途中の浴場です。真っ赤な扉が目を惹き、その先の丸窓からは、太陽が顔を覗かせる。一期一会な瞬間でした。

f:id:departure-ruins:20210408121156j:plain
魚雷発射場跡…
f:id:departure-ruins:20210408120528j:plain
で見つけた穴からの眺め。観光地化されている戦争遺構で、flumpoolがPVで使用したことでも有名になりました。

f:id:departure-ruins:20210408130100j:plain
草原を走る白馬たち。人がいなくなった今、彼らは本来の姿に近づきつつある。

f:id:departure-ruins:20210408125650j:plain
廃墟は前触れなしに消えてゆく。もう誰もこの廃校に入ることは出来ない。運命の日が訪れたのだ。全ての廃墟は悲しみも秘めている、それも又、人々を惹き付ける所以となっている。

f:id:departure-ruins:20210408130609j:plain

f:id:departure-ruins:20210414230959j:plain
ご覧頂きありがとうございました!!