【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

清水沢(NEW)

1970年代に開業した海に程近い旅館。伊豆七島と青い海を望める立地。2007年には閉業したと思われる。

敷地内にはプール。事前情報では水は無かった。昨夜の大雨のしわざかな。

今日は太陽がご機嫌。

広間の奥には魚拓だ。オーナーは釣り好きだったのだろう。

おうっ!思わず唸る廃墟美。清水沢はトンでもない実力を秘めていそうだ。

二階。

特に何もない客室。

昭和の置き土産はあった。

三階へ。

浴室入口の矢印。行ってみよう。

朽ちた渡り廊下。期待が高まる。

まずは簡素な浴室だ。外へ出られそうだ。

離れにも浴室。

ここは混浴なのかな…って、ぬぉ~!!蜂の巣でかすぎ!!

そして、さらに奥の浴室へ…。

あっ!女神さま!!

雨上がりの晴天は様々な奇跡を呼ぶ。

浴室に水は無いけど、外の水に反射して天井が揺らめいているのだ。

新しい命も芽生える。

思い切って角度を変えてみる。決して女神さまは太ってるわけじゃないよ。レンズのせいだよ。

屋上へ。そっと置かれた木箱。天井から丁度光が差し込んでいて、ドキッとした。

廃墟は時に裏切る。今回のような嬉しい裏切りは、大歓迎だ。

この屋上は夏季にはビアガーデンとなったという。駿河湾を一望しつつ、海の幸を堪能。きっとあの女神さまも参加して、大いに賑わったのだろう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる