【お知らせ】変わる廃墟展2023が開催されます!!  詳細はこちら!

K産婦人科

開業時期はわからないが、1982年まで開いていた産婦人科。住宅街の中にひっそりと佇んでいる。

いい意味で裏切られた。渋みのある廃空間にテンションが爆上がりだ。

大きく荒らされることなく、当時の備品が残されている。

興奮してもいられない。天井がご覧の有り様。老朽化は必至だ。

古時計も、日めくりカレンダーも、ずっと止まったまま。25日は誰がどんな気持ちで捲ったのだろう。

建物は奥行きがあって広い。

受付の内部。

40年間の沈黙。空気が滞留している。

隣の部屋に行ってみよう。

診察室だ。重厚な銀色の体重計がお出迎え。

右の壁の図絵から、ここが産婦人科なのを思い出した。

何だか厳めしい椅子だ。

額入りの写真が飾られている。ここの院長さんではなく、権威ある方のものと推測される。

隣は手術室。

新しい命の誕生は感動的。いつもこの場所は胸がいっぱいになる。

お疲れ様でした。無言を貫く分娩台を、思わず撫でてあげたくなる。

この部屋はモデル揃いだった。

まずはこの御仁。もう廃医院では、お馴染。そして奥には…

いいじゃない…。大きなやかんだ。ストーリー性のある写真が一枚撮れたかな…。

長い長い廊下。

分娩室だ。

もう感極まってしまった。

お母さんは痛みに耐えて耐えて、新しい命を産み落とす。そんな偉業を成せるからこそ、神様は女性に長生きを与えてくれたのかな。そんな風にも思う。

隣の部屋には新生児用体重計。新たな命の重さを量ってきた。沢山の物語がこの場所で紡がれたのだ。

建物は崩壊が激しい。冬は雪が舞い込むのだろうか。

二階には入院病棟が並ぶ。

小さなベッドがちょこん。

我が子に寄り添うお母さんみたいだ。

お馴染みのドロイドくん(保育器)もここにいたか。

いつかはここも解体される。ここで産まれた人々の幸せを祈りながら、そっと旅立ってゆくのだ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

シンスポ 心霊スポット写真集・廃墟編

新品価格
¥1,980から
(2022/11/24 06:59時点)

ワンダーJAPON(3)~日本で唯一の「異空間」旅行マガジン!~

新品価格
¥1,320から
(2022/11/24 07:07時点)

空撮廃墟

新品価格
¥3,520から
(2022/11/24 07:07時点)

ポケットモンスター バイオレット -Switch

新品価格
¥5,320から
(2022/11/24 07:08時点)

コメント

コメントする

目次
閉じる