【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

古虎渓ハウス

1960年代に開業したレジャー施設。その後、保養所、健康センターと様々な転身を遂げ、1980年代前半に廃墟化が始まった。いずれも火災による閉業で、様々な噂を呼ぶ有名な心霊スポットでもある。

気付くのに時間はかからなかった。

ここは凄い!!来た甲斐があった。

石造りのお風呂場。

湖畔に浮かぶ二羽の白鳥。昔は活気ある声がこだましていたのだ。

太陽がギアを上げてきた。さっきまでの霧雨が嘘のよう。

清潔感すら感じる窓の木漏れ日。

さらに上へ行ってみよう。

最初に見上げた大穴。

古虎渓ハウスの有名な都市伝説。トイレの奥に女性の霊がいるらしい。

火災の跡が伺える。

さらに上階があるようだ。レッドカーペットは無視できない。

半世紀近い星霜が行く手を阻む。

天気に恵まれて本当に良かった。お化け達もお手上げ。

時間の流れなど気にすることなく、陽光は降り注ぐ。廃墟界の古老、古虎渓ハウスは今も酔狂な訪問者を待っている。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる