【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

コの字医院

名前の由来。航空写真で見ると、カタカナのコの字になっているから。入院病棟のみが残る。

夕暮れ時。蔦が這う静謐なる廊下をゆく。

気の遠くなるような長い星霜。畏怖の念すら感じる。

二階。

この小さな診療所が、地域住民の医療をまかなっていた。

今はもう誰もいない診療所が、多くの命を守っていたのだ。

残されたハンガーが哀愁を誘う。

頭上からぶら下がる赤いバケツ。全てがここでは必要不可欠な構成員だ。コの字医院は芸術なのだ。

当時は患者さんがいた。想像すると、不思議な感じ。

1988年のカレンダーと、古い視力用紙。

あれっ?

あの部屋はどこだ。

それは、こっちこっち…

船の模型が迎えてくれた。

篠山紀信さんが撮ったと言われる裸婦像。一体誰なのだろう。今はどこで何をしているのかな。
一枚一枚の写真が自然と絡み合い、しっとりと物語を紡ぎ出す不思議な空間。コの字医院は今も生きている。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる