【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

松風寮

1970年代からある不動建設の社員寮。黄色い縦横のラインが印象的な建築だ。四階建てと三階建ての二棟の集合住宅から構成されている。2000年前後から不使用になった。

裏側。

外観のインパクトが凄い。多くの窓ガラスが損壊し、蔦が張っている。

情報も少ない、気を引き締めていこう。

なかなかいい雰囲気だ。

渡り廊下。

地元のやんちゃのたまり場だった。

こういうとこ、好きだよねぇ。

渡り廊下の前は中庭のようなスペース。

右手が旧館で、左手が新館。二つの建物が向かい合う形で配置されている。

よく分からないサンドバッグみたいなやつ。

新館をどんどん登る。

ガラスは徹底して割られている。

部屋はなーんにもない。

この寮はバブル期を駆け抜けた。若い社員たちは、この屋上で将来の展望を語り合ったのかな。当時と変わらない青空が広がる。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる