【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

さちかぜ荘(NEW)

1972年頃に開業。斜面に張り付くような立地で、高台から海を見下ろす三階建て施設であった。1990年に廃業した。

もっさもっさ!!立派なお髭をお持ちである。

さちかぜ物語の

幕開けだ☆

青いカーペットに光が作る芸術。

鏡だってまだまだ現役だ。

ぽつんと置かれた電話。ここではみんな役者なのだ。

今日は太陽が絶好調~☆さちかぜファンタジーは止まらない。

水溜まりをちゃぷちゃぷ渡り…上へ。

ブヒーブヒー!!SAPPOLO BEER~!!

高台にあり、景色は抜群に良い。

廃墟独特のセピア色にも似た陽気。ぽかぽかとした昼下がりだ。

椅子たちも、うとうとしている…。

カーテンがローリング。

自然の荒ぶりを感じさせる。廃墟の顔は天候により大きく変わるのだ。

屋上へ

床には緑の苔、壁は赤錆。廃墟マニア垂涎の階段。

太陽が味方した。

屋上には、雲一つない青空が広がっていた。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる