【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

西観荘

草に覆われた表札。事前知識が無かったらきっと読めなかった。

生駒山上廃別荘群。1960年代から建設された企業保養所などが、相次いで放棄されている。その中で最も有名なのが、ここ西観荘だ。

コンクリート造りの堅牢な外観。近代建築を彷彿させる美しさに惚れ惚れする。

この重厚な鉄の扉も今の時代には無い。

このアングルは実に美しく素敵。
数多くの先人の推しポイントである。

奥の部屋ではペンキの缶たちが身を寄せ合う。

外は小雨。被写体も自然と憂いを帯びた表情を見せる。

二階へ行こう。

おっ!

明るい。周囲の木々に遮られることなく、光が届いているのだ。

当時の物は何も残っていない。ただ、堅牢なコンクリは懸命に使命を果たし続けている。

奥の大部屋は、天井がべろんべろんだった。

人がいなくなってから、気の遠くなるような時間が流れ続けたのだ。

ふと、頭上の鴨居が目につく。かろうじて当時の様子を想起させる。

屋上へ行ってみよう。

生駒山にはテレビ・ラジオ等の送信所、中継所が幾つか設置されている。広い屋上からも巨大な電波塔が間近に見えた。

※余談ではあるが、この生駒山には強力な結界が張られている。現金払いの通行料がビックリするほど高いのだ!!覚悟が必要である。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる