【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

聖ソフィア白樺高原教会

綺麗なペンション群や美しい湖、壮大な蓼科山を望む場所にそれはある。

澄んだ青空。長野の冬は星も綺麗だ。

先客かな…雪には動物の足跡。

1970年代に建設され、2009年頃に閉鎖されたチャペル。冬の雪と相まって、思わずため息が出るほど壮観な佇まいだ。

少しドキッとした。奥の講壇、灯りが灯っているように見えた。

設計者は光の差し込みも考えたに違いない。廃墟となって尚、絶妙な角度で屋内を演出し続ける。

ステンドグラス。美術館と言ってもいいほどに美しい。

二階へ。

改めて見ると、廃墟特有の人的荒廃が殆ど無い。神聖な場所なんだ。

でも

廃の手は確実に忍び寄る。一時は保存の声もあったが、地権が複雑で売却も取り壊しも出来ないという。

そっと席に座る。

多くのカップルが祝福を受けて、ここから新しい門出を迎えたんだ。胸が熱くなる。

外の天井には式を挙げたカップルたちのプレート。

実際、ここで挙式した方のブログも拝見した。教会の保存を呼び掛けており、愛されていたんだなって思う。

愛を結ぶ恋人たちの丘。以前はここにマリア像が立っていたらしいが、見当たらない。きっとどこかで遠くで、巣立った恋人たちを見守ってくれているに違いない。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる