【お知らせ】変わる廃墟展2022福岡開催 決定!! 詳細はこちら!

天外天劇場

日本占領下の1936年、日本人により建てられたヨーロピアンスタイルの劇場。当時は台湾で一番大きく、市民にも開放され長く親しまれてきた。

日本の敗戦後は劇場としての役目を終え、製氷工場、ビデオレンタル店などに転用されたが、どれも長続きしなかった。現在は廃墟として、台中の裏通りにひっそりと佇んでいる。

演劇だけではなく、映画やオペラも開催された。劇場はこの真上に当たる。

天井に大穴が…待ってろよ劇場!

突き当たりには用途不明の大部屋。では二階の劇場に行こう。




大劇場は



予想外の



状態に…

ドラゴンじゃぁ~‼

これは解体途中で放棄されたのだ。本来は八本の柱に支えられた円形ドーム状の劇場だったらしい。屋根は無く、空が丸見えで鉄骨が剥き出しになっている。

足元には先ほど見上げた大穴。

歴史的文化財としての価値が高いことから、政府に保存を申請するが、受理されず2011年頃に撤去作業が始まった。しかし、地元の文化財を守るグループにより一旦中止。そのまま現在に至るという。

さらに上へ行く階段はないのか。

レベルが高い。舞空術は使えない。

あ、あれは…。

塞がれている。

あった‼赤い階段を登る。

広い通路を行く。この3分後、心臓が止まりそうな経験をするとは思いもしなかった。

最初に見た大部屋を上から見下ろす。

この先には何があるのかな。歩み始めたその時…

少し階段を登った、まさにこの瞬間だった。大きな野犬が吠えなから目の前を横切った‼野犬「ワゥワゥッ~‼」SAM「ギョエ~‼」野良犬は台湾のあちこちにいる。でもみんな寝そべって鳴きもしない。目の前を横切ったのは大きな犬で、それは威嚇の声だった。ここは縄張りだと言わんばかりに。

噛まれて狂犬病にでもなったら困るので退散した。天外天劇場の外を一周。とても大きな建物だ。周辺では住民が洗濯物を干していた。当時の様子を知る術がないが、沢山の思い出がつまった劇場なのだろう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる