【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

都井岬観光ホテル

都井岬は国定公園で、国の天然記念物に指定されている野生馬が120頭ほど生息している。岬周辺では複数のホテルが廃業しているが、その中で最も目立ち、最も有名なのが、この都井岬観光ホテルである。 

営業は1970年から2000年。最大収容人数277人、五階建ての大規模ホテルで、中高生の修学旅行先としても利用されていた。

広間には馬糞トラップが多数。ここは馬の避暑地にもなっているのか。

客室を巡ろう。

何故かゲーム機やビデオが散在している部屋。

107号室。きっと都井岬を描いたんだろう。無味乾燥な部屋が多い中、この部屋は異彩を放っていた。

突き当たり。奥にさらに建物がある。

ぴょん。道がないのでジャンプ。遠くでは馬が懸命に草を食べている。

別館の上に立っている。都井岬のパンフレットに風光明媚という言葉があったが、今日はまさしくその通りだ。

別館の中へ。落下したコンクリが重厚だ。

Bar。

宴会場。

斜面に建てられたので採光がバッチリだ。

地下の浴場へ。

浴室にも糞。馬が日光浴でもしたのかな。

一旦外へ。このホテルは複数棟で構成されている。

最上階へ。地面に白い馬の被り物があり、ビックリした…。

様々な冠婚葬祭に使われた、思い出いっぱいのホテル。

再び、突き当たり。

登頂。

この奥にはレストラン。

絶句レベルの壊滅的な荒れようであった。

窓脇の水溜まりに雲が流れ、風で白いカーテンが揺れている。
都井岬は野生の馬を間近で見ることが出来る希少な場所だ。草をボリボリ食べる音が実にうまそうで未だに耳から離れない。ボリボリ…

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる