【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

津山プラザホテル

1974年に開業。6階建て41部屋。複数の宴会場や結婚式場、スカイレストランなどを備える大型ホテルだった。2009年には廃墟としての言及が見られる。

ぐるりと回り込んでこちらが正面。経年劣化に加えて、外壁の落書きに窓ガラスの損壊も見受けられる。地元では心霊スポットだ。

なかなか広い。複雑な造りで迷いそうになる。

宴会場。松かと思ったらグラフィティー。

当ホテルには、あだ名がついている。

岡山のマヤカン※マヤカン…摩耶観光ホテル



その名を戴冠する



所以は…

これでしょう?





この一階から二階へのぼる踊り場だ。

マヤカン程じゃないよ~っていう人が多いけど。この光景は実に見事。それぞれにオンリーワンな廃墟なのだ。

白いカーテンに、苔蒸した廊下。

赤い絨毯に緑が映える。絶妙な色彩美を魅せてくれる。

ここから、上階への階段が見つけられず多少の時間を費やしてからの…。



6階のスカイレストラン。トトロがおるぞ。

地上から遠く見えていた空間。

いまは非日常側から見つめている。





屋上へ。

市街地を見下ろす高台に位置するため、見晴らしは抜群だった。ここは晴れの国と呼ばれるほど天気に恵まれる岡山県。

お化けたちもきっと、人がいなくなったあの踊り場で日向ぼっこしてるに違いない。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる