【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

敦賀国際スキー場(NEW)

1968年にオープン。国道沿いに三階建てのセンターハウスが残り、一部壁が崩落、ガラスが破損する等、崩壊が進みかなり朽ちた状態になっている。

ここはとにかく外観のインパクトが凄いのだ!!

隣接した三角屋根の建物が印象的。だいぶ朽ち果てている。メインの白い建物も崩壊し風化が進んでいる。

赤文字看板の敦賀国際より右側は剥落してしまったようだ。

周囲には高い雪が残っており、容易には入ることは出来ない。

だが、到着。

突然の訪問客にざわめく椅子たち。

おぉぉぉ~!!赤い看板の「ス」を発見した。一瞬何なのか分からなかった。

なんてことないトイレだけど、キティーちゃんの絵がチャーミングなのです。

二階へ。

なかなか広いぞ。

裏側から見てみよう。

二階から出たのに、裏手から見ると地上階。斜面に建てられた建造物あるある。

上がってきた階段を見下ろす。奥に気になる椅子とテーブルがある。

廃墟となった敦賀国際ホテルを象徴する一枚。奥にはゲレンデ&リフトが広がる。

二階をもう少し見てみよう。

奥に丸い窓。

さりげなく凝った造りだ。

ちょうど外観で見た三角屋根の部分。崩壊が凄い。この場所もどうなることやら…。

きっと賑わいのあった厨房。

三階へ。

こじんまりとした客室だった。

とても踏み込めない。

305号室。奥に緑が見えた。

植物は住む場所を選ばない。この建物がある限り、これからどんどん広がってゆくのだろう。

周囲は雪に囲まれて真っ白な世界だ。目がチカチカしてくる。

国道を通る車たちは、どんな気持ちでこの建物を見るのだろう。昔お客さんとしてお世話になった人もいるかも知れない。ここは静かな静かな時間が流れていた。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる