【お知らせ】変わる廃墟展2022福岡開催 決定!! 詳細はこちら!

湯野上観光ホテル

1981年頃に開業。三階建ての大型ペンション風ホテルで、プールまで備える豪華施設だった。1983年頃から放置されている。多くのガラスが損壊、壁面が剥落し、全体が蔦に覆われ朽ちた状態となっている。

一歩入るとそこは漆黒の世界。懐中電灯は必須だ。

奥に岩のようなものが見える。

それは浴場だった。奥と手前に一つずつ。岩風呂のような感じだったのだろうか。



さらに進むと



驚きの光景が…

なんじゃこりゃー!!

今にも襲ってきそうな雰囲気!!!

正体はボイラーの排気口。まるで古代恐竜のように、体躯をくねらせている。

実はこの場所は、度重なる不審火に悩まされている。廃墟の「怒り」というようなものをひしひしと感じる場所だった。

ボイラー恐竜の中枢にもご対面。表情は険しい。ここは怒れる廃墟なのだ。

ドアに記された部屋番号が寂しげ。わずか二年で廃業というのも、さすがに早すぎる。

暗闇で沈んだ空間の中に光が見える。どうやら階段のようだ。

椅子「よく来たね」

上階も一面の廃世界。ここも火災のような形跡が残る。部屋に入ってみよう。

部屋の壁は中途半端に無くなり、結果的に開放的な視界が広がっている。

外は雨による水溜まりだ。不機嫌な太陽は今日は隠れたまま。

放置されて約40年。外の非常階段も、すっかり緑に覆われていた。プールがあると聞いていたが、見当たらない。

屋上へ…。む!通り口が狭いぞ。

体をよじ~って屋上に到達。凄みのある廃墟だった。物憂げな空がどこまでも哀愁を誘っている。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる