【お知らせ】変わる廃墟展2023が開催されます!!  詳細はこちら!

善光寺

善光寺楼門に一礼。茅葺き屋根が美しく、中の仁王像は大きく力強いものであった。

この楼門は国指定重要文化財に指定されている。

この階段を登った先に、半壊した美麗なる廃寺があると聞く。

清澄な空気に包まれて背筋も伸びる。ここは神聖な場所なのだ。

見えてきたぞ!!

昼下がりの木漏れ日に照らされて、美しく大きな寺が姿を見せてくれた。

思ったよりずっと大きいお寺であった。独特の雰囲気から、映画やドラマのロケで利用されたこともあるらしい。

ずぅぅぅ~ん。

それにしても…朽ちている。

年々、崩壊が加速している印象だ。

自然崩壊に任せるか、取り壊しか。寺側も悩んでいるのかも知れない。

いつ建てられたかって?

わからない。

不明だが、元禄年間の建立と言われる…。ぶったまげるほど古い!!!

正面の頭上の看板には『月光山』と書かれていた。なんだろうと一瞬思ったが、お寺の正式名が「月光山無量寿院善光寺」なのだ。

二枚の絵ももう何が描かれているのか分からなくなっている。

微かに人物画のように見える。描いた人ももうこの世にいないだろう。

見上げれば千社札。いつ貼られたのだろう。

元禄。江戸時代。建立されて500年以上が経つのか…。

時の重さに圧倒されて

しばし言葉を失う。

逆側も見てみよう。

無骨な鉄釘だ。表面が不均一に畝っており、当時の鍛冶職人による物だろうか。

通常の廃墟だと古くて明治だ。江戸なんて考えも及ばなかった。寺社は凄い。思い知らされた。

裏側にブルーシート。何があるのか気になったが近づくのは危ない。

本堂を撮った写真はよく見掛けるので、最後に周囲にある石碑から何枚か写真を撮ろう。

パシャ。

パシャ。

斜面に埋まる地蔵もパシャ。

パシャ。

ここは厳密には廃寺ではないという。現在は別のお寺の住職が管理を兼任されているとのこと。

500年は大往生ではないか。建設に関わった方々もきっと大満足に違いない。ここまで来たら自然に任せよう。それが礼儀であり、世の道理なのだから。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

シンスポ 心霊スポット写真集・廃墟編

新品価格
¥1,980から
(2022/11/24 06:59時点)

ワンダーJAPON(3)~日本で唯一の「異空間」旅行マガジン!~

新品価格
¥1,320から
(2022/11/24 07:07時点)

空撮廃墟

新品価格
¥3,520から
(2022/11/24 07:07時点)

ポケットモンスター バイオレット -Switch

新品価格
¥5,320から
(2022/11/24 07:08時点)

コメント

コメントする

目次
閉じる