【お知らせ】変わる廃墟展2022福岡開催 決定!! 詳細はこちら!

清川小学校大明神分校

1979年に閉校した小さな小さな分校。山深い中にひっそりと佇んでいる。

人家の途切れた寂しい山道をひた走ってきた。なかなか見当たらず、半ば諦めていたタイミングで、姿を見せてくれた。

タイミング良く日も射してきて…少し感動してしまった。

手前にある遊具はブランコ。椅子は無いけど、いい味出してる♪

こちらにも遊具が。

ぶら下がり型シーソーというらしい。まだ動くのだろうか。

大明神分校。名前の勇ましさは突出しているが、可愛らしい分校だった。

素敵な窓だ。

一部屋のみ。仕切りもないので、寺子屋みたいな感じだったのだろう。

「あぶない。床ぬけてる」

隣は宿直室だろうか。

崩壊は確実に進む。

きっと、この小さな小さな分校にはたくさんの思い出が詰まっている。

当時を彷彿させる備品はこの椅子くらい。もし会話が出来たら、どんな話をしてくれるのだろう。

この分校を知っている人は、今は殆どいない。

ありし日を思い浮かべる。子どもたちの元気な声が聞こえてきた。ぶら下がりシーソーも気持ち良さそうだ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる