【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

デトロイト廃墟群(中編)

ここはギリシャ正教会の教会。最近までロシア系マフィアの縄張りだったというから恐ろしい。さぁ、中編の幕開けだ。

二階奥の窓辺には昔、パイプオルガンがあったという。金属を始め、金目のものは全て持ち去られている。

後ろの壁に骸骨さん。聞いた話だが、廃墟の教会で結婚式も最近はトレンドらしい。

このままホラー映画で使えそうなピアノ。

待機室。白い衣装がそのままだ。

この船は何を意味するのだろう…。異国を感じさせるものだ。


1929年に開校した学校へやってきた。当時は最新の設備を揃え、デトロイトの裕福なご子息たちが通っていたという。

人がいなくなると、廃墟になるのはあっという間だ。

屋内プール。底が傾斜になっている。

謎のスペース。

ここも。一体何があったのだろう。

そして、この部屋も不思議だった。底もかなり深い。

あのプロペラ回ったら吸い込まれる。そんな映画あったような。

そして、学校と言えば…

体育館だ。

しんと静まり返っている。


しばらく

ぼーっと…

デトロイトにも夕暮れがやって来た。そろそろ帰ろう。夜は危険すぎる。

もうすぐ出口だ。

帰り際。椅子が一脚、こちらを見つめていた。賑やかな場所が廃墟となると、一気に寂しくなるものだ。中編はこれで終わり。後編は、自動車工場とエンジン工場を探索する予定だ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる