【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

ファミテック

2000年頃に廃墟となった全面ガラス張りの巨大ホテル。垂直にそびえ立つ分厚いガラスが空の青を際立たせる。時に眩しい。

そんな外観とは裏腹に

内部は人為的な破壊の跡が、そこかしこに見て取れる。

可愛い機関車の壁紙。

そろりそろりと階段を登る。踊り場の窓は全て無くなっていた。

窓から緑が顔を覗かせる。それも2階まで。

やがて、飛行機はゆっくりと離陸し始める。

各階には落書きが目立つ。

やんちゃな方々のたまり場として名を轟かせていたのも、だいぶ前のこと。

辛うじて残る壁紙、忘れられた場所を象徴するかのようだ。

8階。

最上階の9階へ。外を覗いてみよう…。





…。

ついに最上階だ。

分厚いガラスが何箇所も割れている。外観でもこの階だけ破損が突出していた。

結果的に雨水が入り、植物が育つ。

屋上へ行こう。

森に囲まれている。異国のようだ。

今回一番撮りたかった構図を…



最後に



パシャリ☆

提供:廃墟遺構空撮

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる