【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

湖南小学校後山分校

1948年に建築された分校。山深い長閑な村落の中に佇んでいる。増改築により校舎の構造が変則的でハウルの動く城みたいだ。1968年に閉校。

映画「ひぐらしのなく頃に」のロケ地にも使用された。

裏山から撮った一枚。天気が良くて気持ちがいい。

この体育館の板張りの色褪せ具合。熟成されたワイン樽のように渋みがある。

戦前からの本がたくさん残されている。

レコードプレーヤー。木製のみかん箱もあるぞ。

現役時はこの後山地区たけではなく、付近の区域の児童も通っていた。沢山の子供たちが山間部では比較的大きなこの学校に身を寄せて勉強していた。

小さな部屋には、古いオルガン。

釜戸を備えた給食室。外観で煙突が突き出していた場所はここだったんだ。

石造りのお手洗い。

この先は体育館だ。

この素朴な感じ。落ち着きます。


ダムッ、ダムッ、ダムッ…

バスケットボールの神様がいた!!

マイケル・ジョーダ~ン!!!豪快なダンクを決めそうだ☆


二階へ

踊り場の採光窓が良い感じ。中央の手すりをお尻で滑る奴、絶対いたはず(笑)

当時は大活躍のテレビの回りには機織り機がたくさんあった。

何度、窓から外を眺めただろう。天気の良さも手伝い、都会では見られない長閑な景色を見せてくれる♪

実はこの校舎は解体が決まっている。約70年の歴史に幕を閉じる。その情報を知り急いでやって来て、滑り込みセーフの撮影だった。

湖南小学校後山分校の姿を目に焼き付ける。卒業生の方々も寂しいだろうな。古き良き昭和の風景がまた一つ姿を消してしまうのだ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる