【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

日出小学校

1964年に建設された校舎。1977年に廃校となった。険しい崖の上に位置し、海岸沿いの道から続く細いつづら折りの坂は、足場が悪く草木に覆われ倒木に遮られている。

ここまで来るのは、なかなか大変だった…。意外と広い校庭。高台にあり、晴れていれば校庭から津軽海峡が美しく見える。

半世紀近く放置された校舎は朽ちて野ざらしとなっていた。

雨風も入り放題。無への回帰は確実に迫っていた。

教室の隅に山と積まれた椅子。閉校の時からだろうか。

廃校の廊下はやっぱり大好きだ。

隣の教室は、部屋の中に水呑場。

色とりどりの可愛らしいコップが健在だった。手洗いうがいは、いつの時代も必須。

教室は以上の二部屋のみ。きっと複式学級だったのだろう。

奥に黒い何かがあるぞ。

ごっつい黒電話だ。一回くらい鳴ってもいいんだよ。

光が射す方へ行ってみよう。

正面玄関。

下駄箱の数が多い。最盛期はけっこう生徒がいたのだろう。

待合室。

ストーブじいさんは、みんなの人気者だ。毎日、楽しい話をたくさん聞かせてくれる。

綿の無くなったソファー。野生動物にかじられちゃったのでは…。

キニナル体育館へ行ってみよう。

屈強な床が完全崩壊。積年の雨垂れは全てを腐らせる。

野球のグローブがあちこちに落ちていた。

卓球台もあるぞ。校章のついた演台は静かに佇む、もう戻らない日々を懐かしんでいる。

提供元:廃墟遺構空撮

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる