【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

ホテル竹泉

開業は1970年代か。2005年には廃墟としての言及が見られる。入り口ゲートには「すばらしい眺めの露天風呂ホテルいづみや」の表記がうっすら残る。

全景。フロント付近は二階建て、奥へ行くと六階建ての大きな温泉ホテルである。

解体は中途半端に止まったまま。

この後、突然のサプライズが待っていようとは、思いもしなかった…





青の世界。なんて渋い空間…。 

名前は「ホール セブンスター」
惚け顔の自分をよそに。今宵も語りの時間が紡がれている。

よく見ると、小さな椅子もちょこんと同席している。可愛らしい☆

一つ一つの調度品が絶妙のバランスを保っている。

星霜ここに幾十年。ワインが熟成されてゆくように、ゆっくりと時間を重ねてきたのだろう。

ほくほく顔で歩みを進める。

「すばらしい眺め」の露天風呂は外に。





微かに露天風呂の形跡が見られるが、当時の様子は全く想像できぬ。



それよりもなによりも



大浴場への地下(三つ前の写真参照)

危、危、危。危険な香りがする。どこまで攻めるかのライン引きは、いつもギリギリ。満ち足りた気持ちのまま、今回は勝ち逃げの一択!

上へ行こう。



二階には



大宴会場

自然の葉と人工の葉。加えて色彩美も含んだ光景だ。

広間は1.2.3.5.6…五部屋もある。

カラオケ付きの舞台がそのまま。ここはバブル期を謳歌したホテル。

見晴らしは抜群過ぎて、怖いくらい。

客室も少し解体が入っている。この建物自体も老朽化が進み、そろそろ…という感じだった。



最後にもう一度



あの部屋へ…

廃墟というのは基本的に一期一会。ヒトリジメであれば尚更…身震いするほどの贅沢な瞬間が待っている。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる