【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

稲取観光ホテル

正式にはエメラルド七島。全118室、収容人数742名の大規模ホテルで、16ヶ所もの宴会場を備えた巨大施設であった。2012年に老朽化のため閉館し、そのまま放置されている。

暗い。到着が遅すぎた。

そして壮大な案内図。本館10F、別館8F…気が遠くなりそうだ。

本館2Fの宴会場。

お膳たちが編隊を組んでいる。

炊飯器隊長を筆頭に、組織化されている。この廃墟、侮れない。

外はまだ明るいが、夜の足音は確実に迫っている。

別館の7F・8Fには大理石展望大浴場があり、そこから望む伊豆七島は絶景であったと聞く。

2Fにも露天風呂があった。新しめの落書きが至る所にあるyo!yo!

静寂は廃墟の醍醐味。そして、ここは波の音に包まれている。




外の非常階段から



一気に最上階を試みる

タタタター!!キツい訓練を受けているみたい。炊飯器隊長の檄が聞こえてきそうだ。

7Fの小窓から展望大浴場がチラリ。



結局外からは入れず



再び駆け下りる。タタタター!!

やっと8Fに到着した。結構汗だくだ。

大理石展望露天風呂「寿老人の湯」

映画館にいるみたい。窓の景色は昔から変わらない。ただ、こちらに明かりが灯っていない。ただ、それだけ。



足早に



ホテルの出口へ

暗闇の中にいると、神経が研ぎ澄まされる。この時の感覚は今でも鮮明に思い出せる。

振り返ると、完全に心霊スポットの雰囲気だ。このホテルでは穏やかではない噂も聞いている。オバケは信じないけど、夜の廃ホテルはやっぱり不気味だ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる