【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

大川グランドホテル

伊豆半島の国道を通っていると必ず目に飛び込んでくる有名廃墟。外壁に落書き、内部も人的被害と自然崩壊が見られる。市の所有ながら建物の権利関係が複雑で処理出来ず、長きに渡り放置されている。

目立つ事この上なし。車の移動に飽きた子供が絶対指差す、間違いない。

とは言え、苔の侵食具合など実に素晴らしい。

入り口は不法投棄の山。

ロビーも潮風&人的被害のダブルパンチでご覧の通り。

大川グランドホテルは、この波を模した壁が特徴的。右に見える階段を登ろう。

螺旋階段は年中無休で美しい。

眺めが良い。潮風が気持ちいい。





ちょっと海に近過ぎやしないか…。波の音も近い。台風の時は大丈夫なの?ドキドキ…

右の扉から一旦外に出てみよう。

上まで行きたかったけど、国道からまる見えゾーンなので、すぐ戻る。

客間は大して見所なし。 この桃と蛸を合わせたようなキャラクターがやたら多い。

渋い顔「お風呂にでも入って行きなさい」

お風呂に到着。右手の女湯は頑丈に板張りされている。

男湯はご覧の通り。女湯が気になって仕方ないぞ。

外から行こう。ホテルの海側はとんでもないことになっていた。度重なる自然の猛威に耐えてきたのだ。

ドキドキ…

女湯も至って普通だった。

外の敷地にはプール。以前は、夏場限定で子供たちに開放され賑わったと聞く。

向こうに見える別館へ

大宴会場。潮風が横に吹き抜け、緑がほのかに揺れている。時折思い出したかのように、木漏れ日が差し込む。

屋台骨が当時の賑わいを彷彿させる。

大川グランドホテルは現在もゆっくりと朽ち続ける。

照りつける初夏の陽射しは、きっと当時と変わらない。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる